血流を良くするサプリを摂取して疲れ知らずの体

疲れ目を改善する

メディシン

目の疲れは些細な対策で改善することができます。ショボショボするなどの疲れ目に効果があるのは蒸しタオルです。水で濡らしてよく絞ったおしぼりやタオルを電子レンジにかけ30〜50秒ほど温めます。手で持てる程度まで冷ました後、ゆっくりそれを目の上に置きます。よりリラックスできるようにベッドやソファの上で仰向けになって蒸しタオルを目に当てると最適です。タオルが冷えるまで目の周りを温めるとショボショボが改善されます。このショボショボする症状は目が血行不良になっていることが原因です。血行を温めて血の流れをスムーズにすることでショボショボが改善されるのです。また、目が充血している場合は冷やすことが適切です。氷水でしぼったタオルを目の上に乗せます。日常的に使用したい人は、事前に濡らしたタオルを絞った後、冷蔵庫で冷やしておくとすぐに使えるため便利です。ショボショボも充血もある場合は温めるのと冷やすのを交互に行ないましょう。他にも瞳の抗酸化を防ぐアントシアニンのサプリメントを摂取する方法があります。日常的に酷使する目を守るためにも、このような方法を実践してみましょう。

蒸しタオルや冷やしタオルがすぐに用意できない場合は、マッサージすることで目の疲れが改善されます。目の周りをこめかみに向かって指で血行を促すと血行不良が改善されます。同時にむくみも解消されるのでパッチリにとした目になる効果もあります。さらに、首の後ろ、髪の生え際にある風池と呼ばれるツボを押すことで目の疲れと同時に肩こりや頭痛も改善されます。最も手軽にマッサージできるのが親指と人差し指の間にある合谷です。親指の付け根に付近、手の甲にあります。ここは全身の疲れやストレス、体調不良にも効果があるツボなので目の疲れ以外にも効果があります。目の周りを直接マッサージする際は力加減にじゅうぶん注意する必要がありますが、風池や合谷をマッサージする際は、痛気持ちいい程度に押しても大丈夫です。